Japanese site

JAPANESE / ENGLISH

about
musicians
albums
photos
videos

schedule
press
contact us

Home


1st Album

 Bop Tribal

press

Articles

12.19.2008

ホノルル・スターブリテン紙、ジョン・バーガー氏による「バップ・トライバル」アルバム・レビュー

"Bop Tribal" Album Review

ハワイのジャズコミュニティは、ほとんど毎年のように素晴らしいメインストリーム・ジャズのアルバムのリリースに恵まれている。そしてそれらは、単に自分で楽しむだけではなく、ハワイのミュージシャンの才能を示す証として、誇りをもって友人達に紹介したくなるようなアルバムだ。 

バップ・トライバルのデビュー・アルバム「バップ・トライバル」が、まさにそういった作品の一つといえる。非常に息の合った優れたこのクインテットグループは、素晴らしいジャズとはチームワークと個々の高い技術に裏打ちされたものだということを我々に思い出させる。

最初に聴いた時に、デシャノン・ヒガ(トランペット/フリューゲルホルン)とサトミ・ヤリミゾ(ピアノ)に耳を傾けたなら、次に聴く時にはショーン・コンリー(ベース)とエイブ・ラグリーマス・ジュニア(ドラムス)のリズムセクション、もしくは、ヒガとレジー・パディリア(テナーサックス)のやり取りに集中するのも良いだろう。すべての素晴らしいジャズに共通していえることだが、このアルバムには何度も繰り返し聴くべき要素がたくさん詰まっている。 

ヒガ作曲のタイトルソング「バップ・トライバル」は、各ミュージシャンの才能を見事に引き出していて、バンドの「トライバル(部族)」な一面や「バップ」な部分もうまく連想させる。 

パディリアとヤリミゾも作曲家であり、楽曲を提供している。全曲メンバーによるオリジナルで、強いてこのアルバムに足りないものをあげるとするなら、ライナーノートにメンバーが影響を受けたミュージシャンや場所、出来事などがあげられてない点ぐらいだろうか。

 

3.23.2008

Honolulu Star Bulletin By John Heckathorn

A BeBoppin' Night in Chinatown

At 8:15 one night last weekend, the Dragon Upstairs was virtually empty. By 8:45 the second-floor Chinatown nightclub was packed. By 9 the band was gathered around leader Satomi Yarimizo's piano, learning a brand-new tune written by trumpeter DeShannon Higa.

The tune's called "Bop Tribal." So's the band. The crowd -- admittedly, it takes only 50 or so people to fill the Dragon Upstairs -- is here as a gesture of faith. This is Bop Tribal's first performance ever.

The faith was not misplaced. It was one of those rare nights: the right crowd in the right room for the right band.

In addition to Yarimizo and Higa, the quintet included tenor sax Reggie Padilla, bass player Jon Hawes and, from the Honolulu Jazz Quartet, drummer Adam Baron.

The quintet ripped through tunes by Horace Silver, John Coltrane, Clifford Brown. The crowd rocked along. "You go, girl," yelled voices from the back when Yarimizo came out smokin' on one of her piano solos.

Baron was thundering on drums, "channeling his inner Art Blakey," as he put it. On his way to the gig, Baron had stopped to help a pedestrian who'd tripped in a crosswalk, ending up with blood on his shirt. He'd had to go to Aloha Tower, the closest open place, to buy a new one.

"If I'd known all it took to get Adam to play like that was a new shirt," said Higa, "I'd have bought him one every gig."

Goto top
Supported by Web Burger Design